埼玉のおすすめリフォーム会社比較サイト » 相場・助成金・減税など、リフォームに関するお金のハナシ » 埼玉でリフォーム(リノベーション)! 3つのトラブルと対処法

埼玉でリフォーム(リノベーション)! 3つのトラブルと対処法

近年リフォーム(リノベーション)でのトラブルが相次いでいます。自分には関係ないと思わずに、万が一の事態に備えておきましょう。

見積もり価格と実際の価格が大幅に違う

リフォーム(リノベーション)でのトラブルで一番多いのが、見積もり金額と実際の金額が大幅に違うという点です。

気づけばオプションを追加させられて、予算を大幅にオーバーしてしまうというトラブルが多いです。また、詳細な説明もなく価格が跳ね上がっているというケースもあります。

料金の仕組みをよく理解していない高齢者に対して高額で不要な工事を勧誘し、契約させてしまうという悪徳な業者も存在しますので注意しましょう。

見積もりは複数社に依頼しよう

見積もり金額が不透明だと感じた場合は、一つの業者だけでなく複数社に見積もりを依頼することをおすすめします。工事内容や実際の金額をよく確認し、不審な点があればしっかり業者に確認してください。このとき曖昧だったり、横柄な態度をとる業者はやめておきましょう。

施工技術が甘く工事に漏れがあった

リフォーム(リノベーション)業者の施工技術の甘さも、トラブルの原因の一つです。

耐震工事という名目で床下点検を行った際に建物の基礎に穴を開けてしまったり、外壁や屋根にひびが入ってしまったり。最初の計画書どおりにリフォーム(リノベーション)が行われないというケースもあります。

さらに、業者の確認ミスで増築などができないことがあとから判明するパターンもあります。

クチコミで施工技術を確認する

工事の漏れはリフォーム(リノベーション)後にしかわかりません。そのため、依頼する前にクチコミなどでその業者の施工技術を確認しておく必要があります。大手の業者なら、ネットでさまざまなクチコミを確認することができます。

クチコミが見当たらないという場合も業者のホームページ、パンフレットなどを複数チェックし、甘いところはないかよく見比べてみましょう。

さらに、業者の中には無資格でリフォーム(リノベーション)を行っている業者もあります。有資格者が在籍しているのかも確認しておきましょう。

アフターケアが不十分である

万が一リフォーム(リノベーション)後にトラブルが発覚しても、アフターケアがきちんとしている業者なら安心です。しかし、このアフターケアが不十分であるために、のちのちトラブルに巻き込まれる可能性は十分にあります。

やり直しを依頼した際にまた追加料金を取られる、明らかに業者のミスなのに適切なケアを行わないなどの報告がありました。

アフターケアの確認を業者に行う

アフターケアに関しては業者が事前にホームページなどに記載している場合が多いですが、何かと条件をつけて断られる可能性もあります。実際に一つ一つ確認し、その記録を取っておくことをおすすめします。

トラブルに巻き込まれたら相談しよう

事前の確認をしっかりしていても、トラブルが起こってしまうこともあります。そんなときは、リフォーム(リノベーション)に詳しいところへ相談してみましょう。

住宅リフォーム・紛争処理支援センターは、国土交通省が管理する公益法人です。リフォーム(リノベーション)の見積もりのチェックや、実際のトラブルの解決策などを提案してくれます。

ほかにも国民生活センター日本建築士事務所協会連合会などに相談するのもおすすめです。